To be updated at the end of september.

9월말에 갱신예정입니다

FORCE ENGINEERING Logo

モノづくりにおいてグローバルな競争が益々激しくなってきている今日、
自社の知的財産の権利ははもちろん、お客さまの競争力強化やブランド力向上
のため知的財産の権利化を積極的にご提案しています。 

グループ知的財産権状況
日本 特許権 8
特許出願中 3
商標権 5
海外 特許権 4
特許出願中 14 5カ国
商標権 2
商標出願中 7 6カ国

■このほか関連特許40件余
■2017年10月現在

特許権
番号 グループ別
日本 5467668 FEG
日本 5601741 FEG
日本 5804440 MFJ
日本 5854414 MFJ
日本 5886454 FEG
日本 5937729 MFJ
韓国 10-1637803 FEG
中国 21480001487.3 FEG
日本 6178533 FEG
韓国 10-1769272 FEG
米国 9750530 FEG
日本 6210651 FEG
商標権
番号 グループ別
日本 5725133 MFJ
米国 4872823 MFJ
日本 5827926 FEG
日本 5827927 FEG
日本 5827928 FEG
日本 5861626 FEG
欧州 013337555 MFJ
FORCE-3へ戻る

社会の高度化に伴い、もはや高品質なモノづくりは当然のこととされ、今では信頼性や安全性が何より求められる時代となってきました。
私たちはモノづくりとサービスを通じ、お客さまへ安心という目には見えない付加価値をお届けするため、技能士を始めとする国家資格や各種資格取得を推進し、技術と品質、そして確かな信頼を担保する取り組みを行っています。

国家技能士 国家技能検定委員
電子回路接続技能士 国家技能検定委員
電子機器組立技能士 国家技能検定補佐員
半導体製品製造技能士
機械プラント技能士
金属塗装技能士
FP技能士
電子/電気系 機械系
電子回路接続技能士 機械プラント技能士
電子機器組立技能士 金属塗装技能士
半導体製品製造技能士 切削砥石取替試運転作業者
電気工事士 ガス溶接作業者
マイクロソルダリング
上級オペレータ
アーク溶接作業者
その他
FP技能士
有機溶剤作業主任者
毒物劇物取扱責任者
エックス線作業主任者
衛生管理者
安全管理者
防火管理者
危険物取扱者
品質管理検定

資格取得費用:全額会社負担
   合格時:報奨金制度

FORCE-4へ戻る

各大学や試験機関とも緊密に連携し、日々、技術の追求と蓄積、継承を続けています。
また、更なる研鑽を目指し国や県などの助成金制度も活用し技術の高度化に取組んでいます。

これまで活用した制度 

管轄 名称
特許庁 外国出願支援事業 採択 2017
特許庁 外国出願支援事業 採択(グループ会社:メドフォースジャパン株) 2016
中小企業庁 ものづくり革新補助金 採択 2015
栃木県 とちぎ未来チャレンジファンド 採択 2015
特許庁 外国出願支援事業 採択 2015
特許庁 外国出願支援事業 採択 2014

私たちは2008年より社外クレームを含む各工程で発生した品質情報を全ての社員へ
向けて公開しています。また、社外に対してもホームページ上で定期的に情報公開を
しています。これは品質情報をオープンにすることで全ての社員が共有し、向き合い、
改善を重ねていくことが、真の品質向上につながると信じているからです。
そして、これまでの9つのマネジメントシステム、4M変更管理、PPM管理に加え、
新たにクリティカルキーアイテムによるキー特性管理を導入し、より確実性の高い
万全な品質管理体制の構築を目指します。

毎年5月更新

FORCE-9へ戻る

営業活動の一環として展示会へ出展しPRを行っています。
今後は各種学会への出展参加を予定しています。

展示会名 場所
日本胸部外科学会定期学術集会 ロイトン札幌 2017
日本手術看護学会九州地区 佐賀市文化会館 2017
日本手術看護学界関東甲信越地方会 パシフィコ横浜 2017
機械要素技術展 東京ビックサイト 2015
CMEF SPRING FAIR 中国上海 2015
とちぎ技術展示商談会 富士重工 群馬製作所 2013
江戸・TOKYO 技とテクノの融合展 東京国際フォーラム 2012
とちぎ技術展示商談会 日立アプライアンス 2012
とちぎ技術展示商談会 日産自動車 厚木工場 2012
栃木産業復興プロジェクト技術交流会 マロニエプラザ 2012
とちぎの新技術・新工法展示商談会 トヨタ自動車 本社 2011
技術交流展示会 日産自動車 上三川工場 2010
栃木・茨城合同技術展示商談会 本田技術研究所 2010
技術交流展示会 マロニエプラザ 2010
本田技術研究所内展示会 本田技術研究所 2009
中小企業テクノフェア 東京ビックサイト 2003
中小企業テクノフェア 東京ビックサイト 2001
中小企業テクノフェア 東京ビックサイト 2000
中小企業テクノフェア 東京ビックサイト 1999
中小企業テクノフェア 東京ビックサイト 1998
中小企業テクノフェア 東京ビックサイト 1997

長年に渡りメディカル分野に携わってきました豊富な経験と実績を活かし
2013年に日本初となる課題解決型ソリューションサイト「医療機器製造COM」を
オープンし多くの皆さま方にご活用いただいています。

私たちがご提供するモノづくりとサービスについて、お客さまへのアンケートや
ヒアリングを実施しその向上に役立てています。
結果については全ての社員で共有するとともに、社外に対しても定期的にホーム
ページ上で情報公開しています。

大手医療機器メーカーさま 

製品立ち上げに関していつも迅速な対応をしていただき誠にありがとうございます。
また納期に関していつもご無理をお願いしまして恐縮です。
今後は適応規格等が厳しくなって行きますのでご対応の程よろしくお願いいたします。

大手自動車メ-カ-さま 

弊社装置に対しての機能向上等色々な面でご協力を頂き、信頼のあるメーカーと認識しております。
今後とも仕様向上や価格低減に対してもご協力の程よろしくお願いいたします。

大手航空機メ-カ-さま 

いつも弊社の生産対応ありがとうございます。
レスポンスよくスピーディーに対応していただけるのでとても助かっています。

安全衛生委員会を設置しています。
労働災害防止計画を立案し実行しています。

労働災害防止計画
5年計画 平成31年度まで労働災害による死亡者 ゼロ
平成27年度(第37期)機械設備による負傷者 ゼロ

3.11東日本大震災を教訓に同年6月、防災管理マニュアルを制定しました。